八潮コスモライオンズクラブ アクティビティ

私たち、八潮コスモライオンズクラブの活動やイベントなどをご紹介致します。

2016.03.13 - 八潮コスモライオンズクラブ結成15周年記念式典開催

八潮コスモライオンズクラブ結成15周年記念式典開催

当クラブ結成15周年式典を開催し、多くのご来賓とライオンズメンバーにご来席頂き盛大に開催することが出来ました。

被災地から送って頂きました物産、皆様のご協力を頂き 完売しました。
収益金は被災地に送らせて頂きます。

メンバーの皆様お疲れ様でした。

2016.02.21 - 元日本代表の前園真聖サッカー教室開催

前園真聖サッカー教室開催

八潮コスモライオンズクラブ15周年記念事業で、元日本代表の前園真聖サッカー教室を大原中学校の体育館で開催しました。

市内小中学生のサッカー少年・少女がたくさん参加しました。

 

2015.07.29 - 八潮市内保育所風鈴配布事業

八潮市内保育所風鈴配布事業

猛暑の中、当クラブが毎年行っています市内各保育所に
風鈴約1000個をつけて回りました。

今回はイタリアから来たYCE生も手伝ってくれて、手際の良さに
感心し、本人も子供たちと接し楽しい一日だったようです。

子供たちが喜ぶ顔が印象的な事業となりました\(^o^)/

メンバーの皆様暑い中お疲れ様でした。

2014.07.23 - 八潮市内保育所風鈴配布事業

八潮市内保育所風鈴配布事業

本日は当クラブ毎年恒例の市内保育所への風鈴設置事業を行ってきました。年々、設置場所と子供の数が増え、今年は13カ所約1000名分の風鈴を飾ってきました。 6回目の継続事業となり、楽しみにしてくれている幼児も多くなってきました。今回はライオン誌の取材があり、ご紹介いただくことになりました\(^o^)/

メンバーの皆様、暑い中での作業お疲れ様でした。

2012.07.21 - 文部科学省から被災地支援に関する感謝状

文部科学省から被災地支援に関する感謝状

文部科学省から被災地支援に関する感謝状を頂きました。

2011.10.01 - 10.02 被災地支援活動報告

第三次被災地支援ミッション

東日本大震災発生以来、当クラブで2度の義捐金募金活動と宮城県牡鹿半島を中心とした4度にわたる支援活動を行ってまいりました。 これまでの活動により被災集落の地区長・石巻中央LC・石巻JCとも密接に情報交換しながら支援活動を行えるようになり、 今回の 支援活動は各被災地が仮設住宅の建設も進み状況が変化しているため現地再調査と、食料・生 活物資不足との情報により八潮LCとの共同事業として行いました。

10/1(土)5:00八潮出発〜12:00小網倉浜仮設住宅(25世帯75名)
物資提供・入居 者より聞き取り〜13:00〜小渕浜仮設住宅(90世帯300名)
物資提供・地区長 と面談〜13:30大原浜災害対策本部(19世帯40名)
物資提供・阿部地区長と面談〜14:00大原中学校跡地仮設住宅(40世帯120名)
物資提供・木村地区長と面談〜
各地区とも行政からの支援はなくなり、民間ボランティアが訪れることがほとんどなくなったとの話で、若い者は瓦礫撤去のバイトで日当12,000円を受け取っている状態。
養殖業に関しては来春の収穫に向けた「ワカメ」の種付けを行い現金収入を得る予定も牡蠣・ホヤ・昆布の養殖が軌道に乗るまでには最低3年はかかるとの話でした。
女川原発経由で牡鹿半島北ルートにて女川町から石巻市渡波地区へ移動。半島の道路は9月の台風の影響で至る所に崖崩れの跡と地震の影響で出来た道路の亀裂が大きくなっておりました。
16:30石巻市総合福祉会館うしお荘:石巻中央LC・石巻JC・東京江戸川LC・東京新都心LC・八潮LC・八潮コスモLC共同による公演会を開催。
マジックショーと歌謡ショーを行い会場が一杯になるほど盛況でした。
公演終了後、八潮市の皆様から協力して頂いた防寒着(約200着)・ポテトチップスを配布したところ大変喜ばれました。 公演終了20:30〜女川泊

10/2(日)石巻中央LC阿部L(ZC)と今後の支援活動について打合せ後、東松島市野蒜地区を視察して16:30八潮着。 今回の支援活動の結果、ほとんどの被災者が仮設住宅に入り自立した生活を行政から求められているものの、漁業(養殖業)を中心とした 仕事の再開は難しく、引き続き民間からの支援の必要性を感じました。

参加メンバー:6名(八潮LC・八潮コスモLC)
車両:トラック(4t)1台・乗用車1台
走行距離:900km

2011.05.03 - 05.04 第三次被災地支援ミッション

第三次被災地支援ミッション

今回は、昼食の炊き出し(牛丼等の丼物・野菜スープ)を行い小渕浜にて300食、 小網倉浜にて100食を完売して参りました。特に、参加していただきましした奥様方にはお肉たっぷり・野菜たっぷりのスープをつくっていただき大変好評で感謝しております。

小渕浜ではようやくボランティアが入り込み瓦礫の撤去や道路復旧の手が入るようになってまいりましたが、依然として行政からの物資は乏しいとの話しでした。 また、小網倉浜地区ではボランティアの姿はなく、支援物資も乏しく約50名が薪を燃やしながらその日の食事の対応に追われているようでした。

現地で聞いた話では各集落の連帯感がないことも一因になると思いますが、行政は基本的に被災所に身を寄せている被災者しか物資の対応はしないのが原則のようで、 結局は事の是非と倫理観は別にして役人が「管理」出来る者しか支援対象にしないための二次的な犠牲者が多数存在してしまったことが残念でなりません。 小網倉浜地区の阿部地区長によると建物が残った所は比較的多いが、ほとんどの1階部分が浸水し家電関係はどれも使えない状態で、出来れば他の集落も同様とは思うが中古の冷蔵庫を都合していただきたいとの要請がありました。 また、提供した野菜・味噌・醤油に加えジュース、特に若者にはコーラが、子供たちにはお菓子とジュースが大変喜ばれました。当然のごとく大人はお酒・冷たいビールが飲みたいとの要望がありました。

感想としては、災害状況からして地域が自立できるレベルを遥かに超えており、半島の高齢化が更に進む現状では、ボランティアの連携による支援体制を組みながら国を含めた行政の意識改革を促し、 気長に地域と地場産業の復興を目指すしかないのでは・・と感じました。「がんばれ東北!がんばろう日本!!」

2010.08.22 ライオンズクラブ杯 八潮市FA少年サッカー大会(八潮コスモライオンズクラブ後援)

ライオンズクラブ杯 八潮市FA少年サッカー大会(八潮コスモライオンズクラブ後援)

【優勝チーム 八潮中央サッカーの選手と一緒に】写真下

猛暑の中、子供達のボールを追いかける姿やゴールを必死に守る姿にとても感動しました。 熱中症で倒れたり、ケガをする選手が出なかったので本当に良かったです。

2010.07.28 風鈴事業

風鈴事業

八潮市内保育所風鈴配布事業として7月28日実施しました。
濱口委員長のもと、多くのメンバーに参加いただきまして、日中暑い中、無事予定通り園庭に吊り下げることができました。
御協力有難うございました。

ずらりと並んだ風鈴は迫力もあり、子供達のとても喜んだ顔を見れて、やってよかったと実感しております。 風が吹いた時は一斉に鳴り出し爽快でしたが、子供達のお昼寝を邪魔するのではないかとちょっと心配しました。 日本の文化と風情を子供たちに知ってもらうこの事業は今後も続けていきたいと思います

2009.07.23-24 風鈴事業

風鈴事業

八潮市内の幼稚園、保育園を周り風鈴を配りました。子供達もとてもよろこんでくれました。

  • メニュー
  • 会長挨拶
  • メンバー紹介
  • 組織図
  • 歴代三役
  • アクティビティ
  • コスモライオンズについて
  • 行事予定
  • リンク
  • お問合せ

八潮コスモライオンズ
事務局

〒340-0816
埼玉県八潮市中央2-10-1

TEL:048-997-1531
FAX:048-997-7292

お問合せ info@cosmolions.jp